借金と転職が折り重なる負の連鎖の人生を歩む

      2016/07/04

我が家は2度目の借金人生の真っ只中

まさか2回も借金人生を歩むとは思ってもいませんでした。

どうしてこうなってしまったのか?

スポンサーリンク

借金と転職が折り重なる負の連鎖が始まりました

2度目の借金地獄への転落により、一時期我が家も夫婦の危機にもなりました。

既に借金もありましたが、借金の事以上にこの事故が私と主人の精神的負担となり、お互いに支え合う余裕も無くなってました。

そして主人の退職が追い討ちをかけるように、夫婦間の溝を深くしました。

借金と転職が折り重なる負の連鎖の人生を歩む

不幸は更に不幸を呼ぶ

退職後、失業保険を頂いてたのですが、支給日に入金される銀行から連絡がありました。

嫌な予感もしつつ、何の連絡だろう?と聞いてみますと

その日振り込まれるはずの失業保険金が、銀行の手違いで受け取り拒否をしてしまい、国に給付金を返却してしまったと言うのです。

聞いた途端に色々な事が頭を過り、目眩で倒れそうになりました。

それでも借金返済は止まりません

当然、借金を抱えていましたから、このお金が支給されないとなると返済が出来ません。

こんな事態が・・・

普通はありません。

銀行の支店長さんが来てくださり謝罪して下さったのですが、このお金がないとどうにもなりません。

銀行では、給付金をもう一度受け取る事が出来ないか?と処理を頑張って下さってました。

労働基準局と職業安定所に行きました

銀行側で頑張って下さってる中、主人と支店長さんの2人で職業安定所に行きました。

ですが、職安ではどうにも出来ないと言うことで地元の労働基準局へ。

労働基準局の方もこんな事態は初めてとの事で3人で頭を抱えて考えましたが、どうにか出来る分けもなく時間だけが過ぎる事態。

失業保険は国から支払われているお金ですから、これを返却してしまった場合、手違いでしたという事で手続きをしても、早くて3ヶ月くらい遅ければ何時になるか分からないとの事でした。

銀行からの貸付が出来るはずない中

仮に、この日支給されるはずのお金が受け取れなかった場合、銀行が貸付しますと支店長さんは言って下さいました。

借金と転職が折り重なる負の連鎖の人生を歩む

ですが、既に現金で借りれる枠(年収の1/3)は超えていて、その影響でクレジットカードのキャッシング枠はストップしてる状態でしたから、とても銀行からの貸付が通るとは思えない。

それに無利子とか・・・銀行としては例外になるだろうし・・・

こんな状態に陥ってしまったら、言わなくても良い個人情報を言わなければならなく。

万が一そうなったら、支店長さんが個人的に貸付しますと言っては下さいました。

借金と転職が折り重なる負の連鎖の人生を歩む

折り重なる負の連鎖の中、夕方銀行から連絡が来ました。

振り込まれる予定の失業保険は、データ上で保留状態となっていたらしく、何とかキャッチする事が出来て無事に主人の口座に振り込まれました。

ホントにどうなる事か?と生きた心地のしない1日となりました。

我が家のように借金と転職が折り重なる負の連鎖の人生を歩む人は、現代の世の中で少なくないと思いますが、何時も普通は中々しない体験までしてしまう我が家なのであります。
スポンサーリンク

 - 借金地獄体験 , ,