私の借金おまとめ計画

      2016/07/10

以前、貸金業法改正の後、借金返済が非常に苦しくなりました。

それでその時に、私の借金分をおまとめローンは出来ないか?と調べた事があります。

その当時の事を振り返ってみました。

スポンサーリンク

私のおまとめ計画

先ず、おまとめローンを考えた当時の利用枠

楽天KCカード 全体100万、内キャッシング10万まで

ポケットカード 全体60万、内キャッシング60万まで

ヤマダLABIカード、ショッピング枠30万、別途キャッシング10万まで

地元クレジットカード 全体30万、内キャッシング10万まで

地元カードローン30万

そしてその当時の借入れ状況

楽天 ショッピング90万 キャッシング10万

ポケット ショッピング10万 キャッシング50万

ヤマダ ショッピング30万 キャッシング10万

地元 23万 キャッシング7万

地元ローン 30万

当時利用枠はMAXで借りてました。

年収は約120万。

ショッピング借入れ153万

キャッシング借入れ107万。

トータル260万ありました。

年収の1/3を超えた借入額

年収からみてキャッシングの借入れ額は、完全に1/3以上を超えてました。

貸金業法が改正された時にポケットカードと地元カードのキャッシングの利用可能枠が0円になりました。

それで毎月のキャッシング返済分で利用枠が増えるショッピング枠で、結局穴埋めをしていました。

おまとめを考えた当時の返済額

肝心の返済金額ですが、ショッピングやキャッシングのトータルで10万強くらいでした。

内キャッシング枠のみの返済金額40000円くらいだったと思います。

そこで返済額を安く出来ないか?と何件か?問い合わせしました。

当時の私はおまとめローンって、クレジットカードやカードローンの全てがまとめられると思ってました。

貸してくださる利率にもよるのですが、例えば、月額10万の返済額が、月額6万になれば楽になります。

現在はキャッシング枠は楽天カード以外返済済みなので調べてませんから、今も私が調べた当時と同じか?分かりません

ですが、当時はそう思って問い合わせをしました。

私の借金おまとめ計画

月額27000円

返ってきた答えは、おまとめ出来るのはキャッシング枠の借入れ107万分のみ。

そして私の場合、おまとめローンを借りれますと返事か来たところの年利率が15%くらいと言われたように記憶してます。

月返済額は27000円の約5年

の条件を提示されました。

これをお願いした場合、月額13000円返済額が下がり年間156000円楽になる計算になります。

が、メリットとして素直に受け止められる金額ではありませんでした。

と言うのは、当時、ショッピングもMAXで借りてました。

それだけ生活が苦しかったからなのですが、おまとめローンで借り換えした場合、キャッシングは1本化出来ますが地元ローンがおまとめローンに変わるだけで件数も減らず、逆にキャッシングを返済した分のショッピング枠に空きが出来ます。

現金のカードローン分と別途キャッシング枠があった所は完全に使えなくなりますが、逆に返済して約70万円のショッピング枠が使えるようになるという事でした。

結局あきらめた、おまとめローン計画

一見ラッキーに見えるのですが、その約70万をMAXで使ってしまった場合、ショッピングの返済額は9万程度、そこに+おまとめローンを組んだ27000円が加算されます。

生活が苦しかったですから、万が一にもそんな事をしてしまったら取り返しのつかない事になってしまいます。

なので、それが怖かったので、結局おまとめローンはお願いしませんでした。

ここでおまとめローンを選択しなかった事によって、現在私の分の負債額は160万弱となりました。

途中で会社の方針が変わって年間で給料が24万減ったり、ヤマダカードが更新されずに返済オンリーになったりと不幸が続いて、私の分は減りましたが代わりに主人の負債を増やすことになってしまいましたが。

私の借金おまとめ計画は上手く行きませんでしたが、メリットがあるならば、やっぱりおまとめローンはアリだと思います。
スポンサーリンク

 - 返済・完済の心構え ,