主人の母親の遺産は借金でした

   

昔、主人は主人の家族に言われた事があります。

金もないのにタバコなんかやめればいいんだ

それはお説ごもっともな意見だと思いますが。

スポンサーリンク

主人の母親の遺産は借金でした

出会った頃、主人は既に借金がありました。

レイクで20万円くらいだったか・・・

直ぐに返済出来る程度の金額でした。

私と知り合った当時、主人は24歳。

夢破れ、23歳で母親が亡くなり、母親の借金(主人名義)が見つかりました。

そして家族全員から責め立てられて、生きる希望も何もなくただ抜け殻のように生きてた時代に主人と私は知り合いました。

母親を奪った憎い存在

主人の御両親はパチンコ好き。

日課のようにパチンコに通っていたようでした。

主人の母親の遺産は借金でした

そして主人の父親は働かず家でブラブラしてる人だったそうです。

兄弟が子供の頃は、5人の子供達+父親をお母さんは1人で支えていたようでした。

主人は5人兄弟の末っ子で、母親が末っ子の主人を可愛がった(母親ですから実際はどの子も可愛がったはずですが)らしく、上の4人の姉兄からは「母親を奪った憎い存在」だった主人。

主人と母親は仲が良く、よく少ない給料からお小遣いをあげていたようです。

降ってわいた借金の数々

姉兄達は、勿論努力もされていたとは思うのですが、貧乏家庭からのコンプレックスでしょうか、無理な住宅ローンを組んで御両親を住まわせてました。

長男と父親名義の家のローンは、姉兄の全員で均等に払い、最終的に長男の物になるという変な図式でした。

パチンコが好きで、そもそもお金の計算に強くない母親に、姉兄達は無理矢理家を押し付け、支払いを任せていたわけですが、流石に家のローンは払っていたようですが、保険料を支払わず、更に主人名義で借金を作り、パチンコに明け暮れて居たようでした。

家の保険料の未払いは、父親が死ぬまで気が付かなかった姉兄達。

が、母親が亡くなった時に主人名義の借金が出るわ出るわで、お通夜の前日に主人は母親の遺体の前で「何に使ったのか?!」と責め立てられたそうです。

借金の肩代わりの代償

確かにギャンブル(パチンコ)好きの御両親が悪いのですが、だけど姉兄達にはお小遣いを貰えない為に、末っ子の優しい主人の名義で多額の借金を作ってしまった母親。

母親が亡くなる前日も、姉にお金がないから貸して欲しいと願い入れを断られ、翌日倒れて他界。

返済が出来ずに心労が祟ったからかも知れません。

姉兄達も考えれば分かる事だと思うのですが、母親が亡くなった時に、主人の知らない主人名義の借金が、母親の管理下から明細等出てきた分けですから、誰が使い込んだか?一目瞭然。

ですが「母親を奪った憎い存在」だった主人ですから、母親の遺体の前で責め立てられたのです。

後に兄から本音が出ました。

「お母さんが使い込んだと認めたら、全ての借金を皆で支払わなければならないではないか」と。

多額の借金に唖然しならが借金地獄へ一気に転落

主人の母親の遺産は借金でした

目の前の多額の借金に唖然とするばかり。

寝耳に水の状態で、主人本人が一体何が起こったのか?パニックの中で出てきた自分名義の借金400万円。

責められようが、使ってない物は使ってないとしか言いようがありません。

「母親が使ったと言い張るから」という理由で、姉兄達が借金は取りあえず完済し、半分は母親の作った借金と認め、だけど半分は主人の借金とし、200万円は姉に毎月分割で支払う事になったそうです。

主人は仲の良かった母親が自分にしか頼れなかったと思い、母親の残した借金の半分は支払ってあげたいと、姉に支払ってました。

放棄出来ない自分名義という借金の重さ

本人が使っていなくても、名義が自分になっていたら放棄しようがありません。

だから、知り合った当時もまだ支払ってました。

その後私達は結婚しましたが、結婚して5年間は実家のローンとお姉さんへの返済を続けてました。

マイナスから始まった結婚生活ですけど、今も多額のマイナスを抱えてますけど、借金貧乏の家庭に育った私達夫婦の借金体質は、やっぱり親から受け継いでしまったのかも知れません。
スポンサーリンク

 - 借金地獄体験 ,