借金貧乏には手痛い医療費です

      2016/08/20

お給料も頂いた事だし、借金脳も少し休憩で、昨日は掛かり付けの内科に行きました。

この前からの体調不良について色々と話しをして、色々お薬を頂いて来ました。

スポンサーリンク

借金貧乏には手痛い医療費です

声帯ポリープが出来てから、漢方も試してみた所、喉の潤いを保ててる気がしたので、処方してもらえないか?等々相談してみました。

私が試したのは麦門冬湯。

これは直ぐにあるという事で頂ける事になりました。

普通に薬局で買いますと、私が買った漢方は1ヶ月分で8100円。

病院で貰えば3分の1程度の金額で貰えます。

これは本当に助かります。

医療費を押さえながら健康を取り戻す

借金貧乏には手痛い医療費です

ここ、やっぱり大事ですよね。

だからついでに、主人の慢性疲労の漢方も出してもらえないか?聞いてみました。

すると、取り寄せになるけれど出して貰える事になりました。

薬代だけでもバカになりませんから、貧乏家庭には本当に有難いです。

実際健康になるためには、薬だけに頼るのはダメと思いますけど、十代の時のように寝れば治る!みたいな年齢でもありませんので、その辺りも結局バランスなんだと思います。

耳下腺炎についても薬を処方してもらいました

耳下腺炎についても、耳鼻科では何も薬を出してもらえなかったので、内科さんで抗生剤を出してもらえる事になりました。

声帯ポリープには、消炎剤と喘息で使われるやつですがステロイドの吸入を。

体が資本ですから、先ずは健康を取り戻さなければ、借金返済も頑張れません。

ついでにポリープが消えたら・・・手術費も浮く。

確かに保険に入ってますから多少は戻ってくるのですけど、実際かかるお金の半分戻ってくれば良い所だし。

薬局で買えない薬が少なくなりました

最近は薬局で結構色んな薬が買えるようになりましたので、病院に行っても薬を出してもらえない事が多くなりましたが、いくら医療控除の申請が出来ると言っても、大して戻ってきませんから、やっぱり薬も病院で処方してもらえるのが1番有難いのです。

最近はジェネリックが殆どですが、数か月に1回、ジェネリックでない薬について「この薬もジェネリックに出来ますから、病院で言ってみてください~」的な連絡も封書で届きます。

薬なんて飲まずに済むならそれにこした事はないですが、今や不景気でストレス社会ですから、健康を維持する為に医療費も、ある意味必要経費なのかもしれません。

しかし、分かっていても借金貧乏には医療費も手痛い出費なのであります。

スポンサーリンク

 - 借金生活 ,