主人が倒れてしまいました

      2016/07/22

今朝、いつものように起きて出勤した主人。

今朝は何時もより涼しい温度だったにもかかわらず、寝起きから汗をかいていた主人。

多少調子が悪くても、多額の借金を抱えている我が家ですから、簡単に休むわけにはいきません。

スポンサーリンク

主人が倒れてしまいました

出勤した後、1時間くらいして主人から電話がかかってきました。

どうしたのだろう?と思って取りますと「昨日の熱中症気味からの体調不良か・・・目眩と吐き気が止まらないから早退する」との事

そのまま病院へ行きますと、血圧が160オーバーでした。

主人が倒れてしまいました

職場がとにかく熱い場所での作業になりますから、そもそも血圧は上がりやすいのですけど、それにしても高すぎます。

借金は増やしたくないけれど・・・

ギリギリで頑張っても体調を崩すほど我慢したら、入院とかになりかねません。

切り詰めても切りつまらない家計の我が家ですが、お金をかけない為にも健康に気を使わなければいけないと、今日は改めて思いました。

10時ごろ病院から戻って来た主人。

私は仕事ですから、主人と入れ替わりで出勤しました。

こんな時、有給が使えたら、寝ている主人に無理をさせずに色々としてあげられるのですが。

やむを得ないキャッシング

例えば今、私や主人に何かあったとしても、入院も葬儀も何も出来ないくらいお金が無い我が家の家計。

当然知り合いの冠婚葬祭にも1銭もお金が出ないくらいの貧困家庭。

ですから今日のような時は、やむを得ずキャッシングするしか色んな事を回避する方法がありません。

今日倒れてしまった主人ですが、明日はまた熱い職場での仕事に出なければいけません。

なので、今日はクレジットカードで買い物をして、少し栄養のあるものを食べさせてあげたいと思います。

スポンサーリンク

 - 借金地獄体験 ,