借金地獄の中を生きる我が家

   

昨日は主人が倒れるという事態になり、どうなる事かとハラハラしましたが、今日は少し調子が戻ったようです。

そんな調子の悪い主人に、職場の同僚は冷たいですね。

そうは言っても借金がありますから、そんな会社であっても行くしかありませんが。

スポンサーリンク

借金地獄の中を生きる我が家

ブラック過ぎても仕事を辞める事すらできない借金地獄を生きている我が家

他人事という事でしょうか、そういう言葉で片づけたくない言葉です

「熱中症は気の持ちよう」と言われて帰って来た主人。

50度以上の高温の作業場での作業。

そう言った当の本人も数日前に熱中症になりかけました。

仕事に集中していたら熱中症にならないとの事。

そんな同僚とのチームで仕事をして、主人にもしもの事があったら、彼はなんと言い訳するのでしょうか。

それでも逆らえない隠れ借金持ちという立場

こんな職場でも、この不景気に仕事にあぶれたら・・・たちまち困るのは誰でもない自分なのです。

借金地獄の中を生きる我が家

だから悔しくても歯を食いしばるしかない。

直接言われていない私がこんな気持ちになるのですから、言われた主人はどれ程涙を飲んだことでしょう。

辞める時は労基に言う!とか色々考えても、辞めれる時が来ない事にはどうすることも出来ません。

借金地獄という迷宮に迷い込んだ我が家

まるで出口の無い迷路にでも迷い込んでしまったかのように、借金地獄のど真ん中にいる我が家。

全てはこの事実が生み出した悲劇と言うべきでしょうか。

借金が無ければ、こんな思いをしながら職場にしがみつく必要もありません。

振り返っても、後悔しても、今ある借金は消えてくれません。

ですから、借金を返済してしまうまで、我が家は借金地獄の中を生きていくしかないのです。

そう考えたら、分かっていてもドッと疲れが出て、また倒れそうになるのであります。。。

スポンサーリンク

 - 借金地獄体験