それでも貧困家庭には変わりなしです

   

昨日は待ちに待った私のお給料日でした。

これで月末月初の借金の返済が無事に出来るという事です。

スポンサーリンク

それでも貧困家庭には変わりなしです

お給料が入ったので、使えるお金が少し出来て凄くうれしいです。

それでも貧困家庭には変わりなしです

まるで水を得た魚のように、生き返った気分です(喜)

返済分を全て除いて・・・・残金25000円!

25000円って沢山残ったじゃん!って感じるかもですが、来月10日の主人の給料日までの残金ですww

この金額だと・・・貧困家庭からの脱出は出来ません。

我が家の全財産です。

半月間の我が家の全財産は25000円という事です。

という事は、主人の昼食代と車のガソリン代と夕食代の全てを、このお金で賄わなければいけないという事です。

主人の現在決まってる出勤日数は13日(休日出勤とかあるとその分増えます)。

という事は最低でも13000円は主人に必要という事です。

残り12000円からガソリン代に2000円は必要だと思います。

結局・・・・家に残るのは10000円。

1日666円の生活費です

ざっくり考えると1日に使えるお金は666円くらいです。

だけど恐らく生活必需品も切れてくるので、実際使えるお金はもっと少ないと思います。

唯一救いなのは、お米だけは残ってるという事。

お米があれば何とかなります。

先週木曜日に、御近所で卵を15個頂きましたから、塩むすびと卵焼きとか、たまごかけ御飯とか、何日かはお金を使わずに済みそうです。

お給料を頂いても、結局貧困家庭に変わりない我が家ですが、それでも借金の返済が無事に出来る事だけでもストレスが減って有難いと思います。
スポンサーリンク

 - 借金生活 ,