隠れ借金主婦パートの悲劇

   

今日はお盆休み前の最終出勤日。

朝一からの出勤となりました。

スポンサーリンク

隠れ借金主婦パートの悲劇

隠れ借金主婦パートは借金を抱えて仕事してますので、やっぱり会社には逆らえません。

今日は子持ちパートと朝から2人で仕事をし、昼から掃除となりました。

何時もでしたら子持ちパートは1時上がりですが、盆前と年末の掃除の日だけは掃除が終わるまで2人とも帰れません。

それは当然、私が朝から出勤ですから、本来なら子持ちパートも私の定時まで居て初めて同等扱いになります。

上司の仕事も終わらなければ私達が勝手に帰るわけにもいかず。

奥様はお昼を食べて掃除が終わったら早く帰っていいわよ~と言ってくださっていましたが、そこは社長とは考えが違いました。

3時前には掃除も終わり、電話も鳴らないしやる事もないし。

取り残されたパート主婦2人

しかし上司も社長も事務所には戻って来ずで、仕方がないので2人で伝票処理等しておりました。

3時半になり・・・お昼食べて早く帰る処か、誰も戻って来ず。

4時前になり、やっと社長と上司が戻ってきました。

何を言うのかと思ったら、2人で高校野球の話ww

何処が勝っただのなんだのと。

私達は2人で仕事をしていましたが、お2人は野球を見てたんですか??仕事中にww

当然そんな事言えるはずもなく、まだ帰って良いのGOサインが出ませんので、仕方なく仕事してました。

今日に限って電話がひっきりなし

どうしてこんな時間から?というくらい、社長と上司が帰ってきてすぐに注文や問い合わせの電話が鳴りだしました。

隠れ借金主婦パートの悲劇

もう帰るどころではなくなり、2人でてんてこ舞い。

それが片付き始めたのが夕方5時前。

すると上司がいきなり子持ちパートに「Sさん、帰らなくてもいいの?」と。

内心私はSさんだけ??と思いました。

確かにSさんは普段は1時までの勤務、私は6時までの勤務です。

ですが、今日私は朝一から出勤してます。

どうしてSさんだけ???

やっぱり子持ちパートは優遇です

確かにいつもの事ではありますが、それでも同等に扱われないのは辛いのです。

ですが、Sさんだけ帰って良いと言われましたから、Sさんは済まなさそうに5時に上がりました。

当然私は6時までだと諦めました。

今日は主人のお給料日です。

本来なら午前中にお金を引き出して、必要な分を使い込まないように銀行に振り分けします。

ですが、今日は朝一からの仕事で銀行には行けず。

昨日奥様からお昼過ぎて、ちょっと掃除したら早く帰ってね~と言われていましたから終わったら銀行に行けると思ってました。

ですが結局6時まで仕事の雲行き。

業務時間内に銀行にも行けず終いです

当然財布の中はすっからかんなので出金しなければ食べ物も買えない状態。

そんな中・・・5時半過ぎに奥様が戻って来られ「Biz子さん、早く帰って良かったのに!」と残って仕事をしている事に驚きながら言いましたが、社長がひと言

「今日は平日じゃないか。年末じゃあるまいし普通に仕事があるに決まってるだろ!」

何だかんだと6時になりやっと解放されました。

そして泣く泣く手数料を払って出金し振り分けに回り、切れた生活必需品等買いに回って、やっとさっき家に戻ってきました。

これも借金返済の為に今日は何時もより3時間以上稼げたと、この悲劇を無理やり良い方向に考える事にしました。

しかし今日はもうホントにクタクタです。

隠れ借金主婦パートの悲劇はこれからも続くのかと思うと、後ろに倒れそうでフラフラです。

スポンサーリンク

 - 借金と職場