貧困家庭のお盆休み

   

本日は休日3日目。

休みなんて、ホントにあっという間で、もう半分以上過ぎてしまいました。

相も変わらず貧乏ですから、どこに行くことも出来ず、ひたすらお掃除(汗)

スポンサーリンク

貧困家庭のお盆休み

本日は主人もやっとお休み。

今年主人は本当にお盆休みがもらえず、明日も明後日も明々後日も仕事になります。

しかも、休日出勤ですが、休日手当てが付くのは明日の分だけ。

まぁ、大本はブラックで有名過ぎる会社ですので、下請けもブラックになりますよねww

明後日は15日になりますから、4名の方が有給で休まれるそうです。

明日の出勤も主人含めて3名のみ出勤。

こういう差別が労働の辛さに精神的辛さがプラスされるんですよね。

借金さえなければ・・・

と、何度後悔しても後悔先に立たずですww

所謂ローン(住宅や車や学資保険)と借金(浪費や他色々)では、借金の質も違えば借金に対するモチベーションも全く変わってきます。

ローンの方は、やっぱり将来的に何か残していける借金。

ですが、ただの借金は返済だけが残って、本当に何も残らない借金ですから、心が苦しくなってしまいます。

それでも自分達が作ってしまった物ですので、誰に文句を言えるわけでもありませんが。

家から一歩も出ないという貧困家庭ならではの休日の過ごし方

貧困家庭のお盆休み

という事で、本日は夫婦揃っての1日休日ですが、主人が次の週末まで休みがない為、買い物すら行かない体を休める為の休日にしました。

私の方は、当然家事と掃除(断捨離)に勤しみながら、この休日を過ごしています。

休み明けに会社に出勤したら、きっと「Biz子さんは、お盆どこかに行ったの?」と聞かれるだろうなぁ・・・

5日も休みですから、田舎がある方は帰省旅行されるでしょうし、そうでない方は家族旅行されたりするでしょうから、聞かれるのは当たり前なのでしょうが。

我が家のように貧困家庭とってのお盆休みはあまり嬉しくないお休みなのかも知れませんねww

スポンサーリンク

 - 借金生活 ,