貧乏家庭の我が家じゃあるまいし、そんなにお金が無いのですか?

   

雨続きで気分もドンヨリする毎日。

借金抱えてるだけでもドンヨリなのに、こう雨ばかりだと嫌になります。

連休は台風の影響が出るとか出ないとかで、それだけでも憂鬱な気分になります。

だけど、またまたお金のない貧乏家庭にショッキングな記事を目にしました。

スポンサーリンク

貧乏家庭の我が家じゃあるまいし、そんなにお金が無いのですか?

今日もSNSを見ていますと、無茶ぶり過ぎるでしょ?と思う記事を見ました。

「貧乏家庭の我が家じゃあるまいし、そんなにお金が無いのですか?」と聞きたくなってしまいました。

この前ワンセグ付の携帯電話を所有している人は受信料を払わなくてはいけないとか、そんな話で裁判がありましたが。

それはそれで、某国営放送さんが負けた形になりましたよね。

だけど気に入らないという事で、すぐに控訴する方針の上、これまで通り受信料の徴収を続けるという強引過ぎる姿勢を明確にしているようです。

背に腹は代えられないのでしょうか

我が家のような貧乏家庭のように、天下の某国営放送さんも背に腹は代えられないという事なのでしょうか?

放送法64条の所に「ただし、放送の受信を目的としない受信設備についてはこの限りではない」とありますから、携帯電話として購入し使用している人は皆ワンセグ目的でないのは明らかであると私は思うのですけど。

貧乏家庭の我が家じゃあるまいし、そんなにお金が無いのですか?

そもそも設置って(汗)

携帯電話を家に置いておくわけでもあるまいしw

この話だけに限らず、某国営放送さん、更に血迷ったような事を言ってるとか?

社屋の建て替えでお金が必要?

って、これは国民には全く関係ない話ですよねw

東京五輪の後に施設を建て替える計画があって、その施設は地上18階建ての制作事務棟(高さ約90メートル)など、巨大な3つのビル群を態々16年もかけて建設して「世界を代表する公共メディアの拠点を目指す」とかw

それを建てるための建設費は1700億円(放送設備費は含まず)くらいになるらしい。

って、そんなに無理して建てなきゃいけないのでしょうか?

私には全く分かりません。

しかも、その為(だけではないかもですが)に国民から強制的に徴収するとかって変な話だと思うのですが。

そして更に更に、血迷った事を言ってるみたいです。

食べてないのに食い逃げしたと言われる時代に入るのでしょうか?

某国営放送の営業委員長さんが(これは前々から言われてますが)ネット配信と同時に見られるようにして、無理やりでも徴収すると言ってるようですw

「公共放送を維持していくためには、ネット配信であっても何らかの受信料をいただく必要がある」との言い分で、もし実現すれば、放送を受信できない世帯からも受信料を徴収することになるそうです。

という事は、これを支払わない場合は「何も食べてないのに食い逃げした!」と言われるって事ですよね?

取りあえず、これに関しては放送法の法改正をしないと駄目らしく、今日明日の話ではなさそうですが。

ですが、総務省幹部は「ネット同時送信は世界の流れ。負担の公平性を考えれば、ネット利用者にも一定の負担を求めるべきだ」と将来的な法改正には肯定的なようですので、こんな無茶ぶりな話が通る時代が来るかもしれません。

時代は21世紀も16年も過ぎ、さらに新しくなっていくはずの中で、大昔の年貢制度のような先祖返りするような事をするのは、どうなのよ?と思いますが、貧乏な下流家庭には発言権はないのだろうな・・・と思います(貧)

スポンサーリンク

 - 借金生活