痛恨のクレカ払い

   

今日は夕方から婦人科系の痛みが出てきて、取りあえず鎮痛剤を飲んだのですが中々治まってきませんでした。

いつもなら40分もすれば治まってくるのですけど、今日は様子がおかしく、何となくいつもと違うと感じていました。

スポンサーリンク

痛恨のクレカ払い

調子が悪い悪いと思ってたら、だんだんと痛みが強くなり熱が出てきました。

鎮痛剤2錠飲んでいるのもかかわらず、熱が上がって来たのが分かりました。

それで、婦人科系の痛みと思っていたのが膀胱炎ではないか?と思い初め、手持ちの抗菌剤を飲んですぐ熱を測ると36度7分

鎮痛剤を飲んで36度後半だと、実際はもっとあると思い応急診療センターへ行くことにしました。

と言いましても、我が家では月末に当たりますから手持ちのお金も殆ど残ってません。

あるのはクレカ・・・使うのは嫌だけど仕方がない。

激痛を我慢しながらの道中は辛いものでした

痛みを我慢しながら病院に着きました。

痛恨のクレカ払い

まだ夜9時前でしたので、誰も居なくて手続きもスムーズに。

症状と飲んだ薬の名前と色々と問診され、尿検査に。

何を言っても、これが1番辛いのです。

声を出してしまうほどに激痛が走ってましたし、時間が経つにつれて椅子に座るのも辛くなってきました。

明らかに血尿と思われる色をみて、やっぱり膀胱炎だなと納得。

熱を測ってくださいと言われて熱を測ると自宅を出て20分ほどしか経っていなかったのですが、37度4分まで上がってました。

明日は流石に休もうと思いました

いつもなら、朝まで様子を見て休まずに出勤するのが当然だったのですが、今日は流石にダメな気がしました。

取りあえず膀胱炎の薬は1日分しか出してもらえないので、明日朝にはまた内科に行かなくてはいけません。

鎮痛剤2錠と抗生剤2錠飲んで、なお熱が上がってきて痛みも取れない。

流石にホントに明日は行く自信がなかったので、病院から会社に電話しました。

とにかく痛みが強いので、2年ほど前に尿管結石で使った時以来、座薬の鎮痛剤を使い、痛みはようやく落ち着いてきました。

しかしながら、それだけ解熱効果がある薬を使用しているにもかかわらず、現在も37度熱があります。

こんなところで借金を増やす破目になるとは思っていませんでした。

頭も働かないし、とりあえず明日朝病院に行って、夕方まで様子を見て明後日の出勤を考えたいと思います。

スポンサーリンク

 - 借金生活