借金返済からの解放

   

今日は職安に行き、その後弁護士さんに会いに行ってきました。

ここ数日、退職について色々とあり、あまり眠れていないので、今日は流石に疲れました。

それでも先ほども友人が知り合いの労務士に聞いてくださるとの事で、声をかけてくれました。

本当に感謝な事だと思います。

借金返済からの解放

今日は職安と弁護士事務所のはしごでした。

午前中は職安に行ってきました。

所謂相談窓口は土曜日ですので休みでしたが、先日から色々と調べている中で新たな情報がないか?と色々と聞いてみました。

対応してくださった方はとても親切な方だったのですが、やはり情報としてはこちらから色々と質問しなければ職員さんから出てくることは殆どない感じでした。

色々な可能性として、この制度はどういう人が対象なのか?とか、教えてもらってきました。

ですが、特に私が得するような情報もなく、結局泣き寝入りさせられそうな感じでした。

弁護士事務所を訪ねました

その後、知り合いが紹介してくださった弁護士事務所を訪ねました。

今手元にある資料(借入先や初めて借り入れした年月日が分かるものなど)を手あたり次第持って尋ねました。

借り始めた経緯や、借金が増えてしまった経緯、現在借入先が何社あって毎月の支払いが大体どれくらいか?

現在の平均収入やら色々とお話ししました。

借金返済からの解放

現在の状況

現在の状況は、主人が6社で440万円、私が4社で160万円。

月額の支払い(基本支払い額)は夫婦で約18万円です

主人の年収から考えても、主人は任意整理だとやはり金額が大きすぎるので無理があるという事で自己破産を勧められました。

我が家は公営住宅で、特に財産も有りませんから、やはりその選択が妥当だと言われました。

私の方は160万ですから、そのまま支払いもアリかも知れない金額なのですが、利子が乗っかてきますから整理を勧められました。

費用は一般的な提示でした

費用的には凄く高いわけでもなく、一般的な金額でした。

主人の自己破産については20万+消費税

私の整理については1件につき2万+税

合計で28万+消費税となります。

分割も勿論可能で、私の支払いは残りますし、あまり長く引っ張りたくないので10回払いでお願いすることにしました。

任意整理は必要なものも大してないのですが、自己破産は流石に色々と用意しなくてはいけません。

1回目はたまたま遠くの弁護士さんに頼んみましたが、2人とも任意整理でしたので、特に問題もなく済みました。

自己破産は当然初めて(勿論何回もするものでも出来るものでもありません)ですので、取りあえず用意しなくてはいけない物を教えていただいて今日は終わりました。

この時点で借金の返済からは一旦解放となりました。

主人の自己破産が無事に終わるまで、そして私の任意整理の和解が成立するまで、支払いは弁護士さんにするだけになります。

これから色々と進めていきますが、弁護士さんと相談しながら進めたいと思います。

スポンサーリンク

 - 借金返済