貧乏家庭には冷たい貧乏風が吹き荒れています

   

借金の整理をお願いしても相も変わらず貧乏家庭の我が家。

何を言っても自分達が蒔いた種である事には変わりないので、自分達で何とかするしかありません。

スポンサーリンク

貧乏家庭には冷たい貧乏風が吹き荒れています

一昨日、主人の退職金が入金されましたが、泣きそうなくらい少ない金額でした(泣)

それでもないよりはマシと思いつつ、先日から気になっていたお風呂の修理が出来ないか?と問い合わせしてみようと主人に相談しました。

どう調子が悪いのか?と言いますと、シャワーの温度がぬるく、温度MAXで出しても熱くなりません。

何とか使えているにはいるものの、これからもっと寒くなってきますからこれ以上冷たいお湯が出てくるようになると困ります。

バーナーの目詰まりか・・・温度サーモが悪くなったのか・・・?と色々と考えました。

ですが、風呂釜(給湯器)ですから、治そうにも部品もありませんからメーカーに問い合わせしてみたのです。

予想外の修理内容を言われました。

給湯器で考えてみると分かりやすいのですが、温度を熱くするとガスの量が増えて火が大きくなるだけでなく水圧が下がって、出てくるお湯の量は劇的に少なくなります。

所が、我が家のお風呂はぬるいお湯しか出ません。

メンテさんの予想では、バーナーでも温度サーモでもなく水圧弁が壊れているそうです。

それで、修理したら費用はどのくらい必要なのか?聞いてみました。

貧乏家庭には冷たい貧乏風が吹き荒れています。

予想外の出費です。

修理してもしなくても、見に来ていただいたら当然費用が発生します。

出張点検費だけで6000円かかるとの事。

そこに部品代と工賃でトータル24000円くらいですと言われました。

買い替えるとなると、ネットで安いのを探しても8万以下ではないと思います。

これからどんどん寒くなりますし、買い替えは無理です。

そう考えると修理してもらうしかなさそうです。

なけなしの生活費から泣く泣く修理費を出すしかありません。

このまま放っておくと、他の場所が壊れてきたリするでしょうし、そうなると買い替えないと無理になります。

が、借金の任意整理&自己破産中の我が家はローンも組めませんので、家財道具を売りさばいて(捌けたらまだ良しですが)買い替えとなってしまいます。

ここにきて、貧乏家庭には冷たい貧乏風が吹き荒れる事を再確認した気持ちです。

嵐寸前の冷酷な貧乏風ですが、夫婦で肩を寄せ合って乗り越えたいと思います。

スポンサーリンク

 - 借金生活, 借金返済夫婦の会話 ,