待ち人来たらずでした。

   

退職して2日目の私。

失業保険の手続きをしなければ、借金の返済もする事が出来なくなります。

スポンサーリンク

借金返済のためにも待っていた待ち人は来たらずでした。

予定では昨日職安に離職票の手続きをしてくれたはずなのですが、待ち人来たらずでした。

10日ほど前に会社から不幸の手紙のようなものを受け取ったのですが、そこには27日に手続きをしに行って即日投函しますから、28日または29日には届くと思いますと書かれていました。

ですから、今までの事(退職に追いやった社員さん達への対応)を考えても、昨日投函してくださったものと思うのですが、残念ながら今日は届きませんでした。

同じ市町村に住んでいますから、郵便物が届くのに3日もかかるとは考えにくいのですけど、届かないものは仕方がありません。

今までの汚れは今年中に落としたかったのです

13年間の汚れはこの年内で終わらせたかったのですが、今日届きませんでしたから来年に持ち越しになります。

やっぱり早く終わらせたかったのですが、終わらせることが出来なかったので、届かなかった事すら会社の嫌がらせに思えて仕方ありません。

朝の人が多分帰り(1時過ぎ)に投函してくれたのだと思うのですけど、私の失業保険を遅らせるために、わざと投函しなかったのではないか?等と、深く考えすぎてしまいます。

ここまで考えてしまうと、自分が凄く被害妄想的に思えるのですが、それほどまでに精神的に追い詰められた結果なのかな?と思うようにして(自分を誤魔化して)ます。

借金返済のためにも待っていた待ち人は来たらずでした。

まだまだ引きずっています。

実は朝起きた時に「今日は離職票が届いたら、職安に連絡をしなくてはいけない」と考えただけで、ホントに気分がブルーになりました。

退職したのだから、もう解放されたでしょ?と言われそうなのですが、私の中ではまだ終わっておらず、この失業保険の手続きが終わるまでは終われないのです。

新しい年を迎える為にも、全てをリセットする為にも、届いてほしかった離職票。

本当の意味での解放は年明けになるようです。

1月4日に職安に連絡をして、審査をしてもらう事にしようと思います。

会社の事は精神的にまだまだ引きずってますが、これから先の借金返済を持続していくためにも、もう少し頑張りたいと思います。
スポンサーリンク

 - 借金と職場, 借金返済