借金をしないように帯を締め直して。

   

12月26日にブラックになってしまった会社を退職した私。

離職票が年末に間に合わず、年明け早々に職安で申し立てをして解雇相当と認めてもらいました。

そして今日は失業保険の説明会の日でした。

スポンサーリンク

受給中に借金はしたくないと思います。

実は私は、今までいろいろな仕事をしてきましたけど、失業保険の申請をするのも貰うのも今回が初めてです。

高校を卒業して就職しましたが、体調の問題で9ヶ月で退職し、その後はアルバイトを掛け持ちしたりして生きてました。

初めの就職の後、失業保険とか考えた事も無かったので、今回まで職安に行く事はあってもその他の理由で行く事がありませんでした。

主人と結婚した当初、主人は失業保険の受給中で既に20万程度の借金も抱えていたんですけど。。。

お金も無いので徒歩で出かけました。

1時半から説明会でしたので、1時過ぎに職安につきました。

もうお金が無く駐車料金も勿体ないので、主人と2人で徒歩で職安まで行きました。

私の離職について、色々とお世話になった相談員さんにもお礼が言いたいと思い窓口に尋ねたのですが、説明会に出られるようでいらっしゃいませんでした(私が説明会に参加している間に、主人が担当してくださった方の上司の方にお礼を言ってくれていたようでした)。

説明会は2時間ちょっととの事でしたので、主人はその間に就職相談を受けたり、職安で行われている心理カウンセリングの申し込みをしてくれていました。

借金をしないように帯を締め直して。

給付日数と基本手当の確認をしました。

説明会が始ると1番最初に雇用保険受給資格者証が配られるのですが、ここには離職理由や給付制限の日数、基本手当(離職理由が決まっている場合は説明会の前に金額を知ることが出来ます)、所定給付日数などが書かれていて、私は申し立てをしていましたので、全てを確認するのが初めてでした。

解雇理由は31になっていて、給付制限もなく給付日数も解雇の人と同じ日数になっていました。

取りあえず、給付日数が200日以上という事で本当に良かったです。

借金しないように帯を締め直して。

今日、雇用保険受給資格者証を頂きましたので、本当の意味で会社との戦いが終わりました。

膨大に録音していた音声の記録や、集めた資料や写真など、やっと処分することが出来ます。

これから失業保険で生計を立てながら再就職に向けて活動していくのですが、今月も既にすっからかんの家計ですので、ブラックの人でも借金できるというようなところから借りないように帯を締め直して頑張りたいと思います。

スポンサーリンク

 - 借金生活