こんな時に限ってお金が無い。

   

良い年齢になってくると、生きてるだけで考えなければいけない事が増えていきます。

私のように生活苦から借金する人、ローンという名の借金をする人、借金なんかしなくても十分に満たされている人、それぞれに色んなパターンで生きています。

スポンサーリンク

こんな時に限ってお金が無い。

普段から(ローンは別として)借金生活をしていると「こんな時に限って」という場面ばかりに出くわしますw

ホントにこれでもか?っていうくらいに、そういう事になると言いますか、巻き込まれると言いますか。

その度に更なる借金が頭をよぎって借りるか?借りないか?(殆どは借りないとやっていけないので借りるんですが)で息が止まりそうなくらいに悩むのです。

そして我が家にもこんな時に限ってが起こりそうな予感です。

昨年も同じような事がありました。

実は昨年の1月当初も同じような事がありました。

その時は、私が子供の頃に大変お世話になった祖母の妹さんが他界され、殆どお金のない、しかも限度額いっぱいまで借りていたために新たなる借金も出来ない状況の中、なけなしの5000円をお香料として持って行ったという経緯があります。

妹さん御家族には本当に感謝してもしきれないくらいお世話になったので、お香料が5000円なんて失礼にもほどがあったのですが、葬儀がお正月の三が日にハマってしまい、物を売りに行ってお金を工面する事すら出来ない状況でした。

当然、お金を借りれる人も居ませんから、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、最近よくある家族葬でしたし、お香料も受け取りませんとの事だったので良かったのですけど。

こんな時に限ってお金が無い。

お金が無いから出席出来ないとは言えません。

今日は、日頃からお世話になってる友人の御家族が危篤状態という知らせを受けました。

日頃からお世話になってるわけですから、もし何かあればお手伝いは勿論ですし、お手伝いする必要が無かったとしても葬儀には出席しなければいけません。

お金が無いから出席できませんなどはあり得ない話です。

聞いた限りですと、状態はあまり良くないとの事です。

明日入るであろう失業保険が入って来ても、来月末の事を考えるとお金の余裕は全くありません。

その上、葬儀のお手伝いや出席となりますと喪服が必要になります。

と言いますのは、数年前に買った喪服のワンピースがもう入らなくなってきてるのですw

ボレロが付いたタイプなので、さっと出席するだけなら後ろのファスナーが完全に閉まらなくてもボレロで隠れるので何とかなります。

ですが、お手伝いとなるとその状態では無理ですから、喪服を何とかしないといけません。

こんな時でもという、ゆとりが欲しいです。

この状況を「こんな時に限って」と安易に言ってはいけないのですけど、我が家の家計的にはこんな時に限っての状態であるのです。

一応、黒のスカートは何とかありますので、上だけ何とかなれば・・・と思って近くの激安ファッションセンターには覗きに行ってきました。

明日には近くの中古服店も見に行こうとは思っていますけど、私の体に合うサイズがあるか?が微妙ですw

なので、一応ネットでレンタル服もチェックしておきました。

安い所では、3泊4日で靴やバックも付いて5800円(税込み)というのも見つけたので、取りあえず今回はレンタルもアリかなと思ってます。

こんな時に限ってお金が無いと出来るだけ言わなくて済むように、貯金もしていかなくてはいけないなと思い知らされる日となりました。
スポンサーリンク

 - 借金生活