借金と私、一番衝撃的だったこと

      2016/07/04

いつの間にか・・・
「借金と私」は、切っても切れない不幸な縁となりました。

どうしてこんなに増えてしまったんだろう・・・と、考えたところで今となっては後の祭り。

計画性の無さが招いた悲しい結末です。

スポンサーリンク

借金と私、一番衝撃的だったこと。

やっぱり一番衝撃的だったのは、数年前の楽天カードの利用規約改訂。
(国がキャッシングの利用枠を収入の3分の1までと定めた時に一気に来ました。)

リボ払い100万円枠が一気にリボ払い枠が0円に。

この頃、既にリボ払いに頼っていたので、非常に辛かった。

借金リボ払い枠廃止の衝撃

借金返済biz子

は?マジ死亡と思いました。

カードとしては生きてます。
だけど一括払いしか出来ないので、元々使ってあるリボ払いの支払い金額に、プラス使った分がダイレクトに乗ってくるのです。

現金の殆どは返済に飛んで行きますから、生活費は毎月の返済で戻ったリボ払いの枠で生きてたわけです。

リボ払いが出来なくなったカードは、私にとって、ただの返済オンリーカードで無用の産物なのです。

それだけでも衝撃的だった所にヤマダLABIカードもストップしました。

このカードは更新されなかったので、完全に返済カードになりました。
その後、ポケットカードも現金枠のみ0円となりました。

そんなこんなの繰返しで、どうしても捻出できない生活費の為に、新たなるカードを作ります。
これが所謂、借金の自転車操業「雪だるま式」です。

それでも借金返済日は否応なくやってきますので、現在楽天カードは半分以下、ヤマダLABIカードは後2回で終わりという所まで頑張りました。

だけど、もう力尽きそうです。

スポンサーリンク

 - 借金地獄体験