実はそんなに期待していませんでした。

   

昨日は先月の説明会の時に申し込みした、職安で受けられる心理カウンセリングの日でした。

主人が13時~、私が14時20~という順番で受ける予定になっていました。

心療内科は何軒か行った事がありますが、本格的なカウンセリングは初めてですし、しかも職安でですから話すのは仕事関係(就職が不安だとか)の事だと思ってました。

スポンサーリンク

実はそんなに期待していませんでした。

今まででも心療内科は行った事ありますし、行ったとしてもマトモな位置づけ(病気なら病気、違うなら違う)もなく、結局話をしても無駄なイメージがありました。

確かに借金以外でも沢山の心配事がありましたけど、例えば体調が悪い、金銭面でも心にもゆとりがないとか、そういう事があったとしても働かなければ誰かが養ってくれる分けではありませんから、何とかしながら生きてきましたし。

だけど、そうなると「普通に働けてるし、何ともないじゃない。」という位置づけとなり、取りあえず眠りなさいで眠剤が出る、ただそれだけでした。

今回の退職前にも、会社で色々と揉めましたので心療内科に行きましたけど「辞めるんでしょ?ならいいじゃない」的な事を言われるばかりでしたし。

そういう意味では全く期待していませんでした。

期待してないのに、どうして受けたの?と言いますと、就活についての相談と、主人は特に会社運がなくそういう不安が多いので、仕事関係で何かアドバイスをもらえたらというつもりで受けました。

予想とは全く違うカウンセリングでした。

カウンセリングは予約制で、主人が私の分と予約を入れてくれていて、交代で入る予定だったのですが、先に主人がカウンセリングに入った時に先生に後に嫁(私)が受ける予定なのですが一緒に受けていいですか?と言ったようでした。

主人のカウンセリングの間は私は駐車場の車の中で待機する予定だったのですが、急遽一緒に受けることになりました。

それでも夫婦とはいえ、カウンセリングは個人的な事情を話す事が多いため、先生は主人に何度か「(私に)聞かれて困る事は無いのか?」と尋ねたそうです。

私も主人も基本的にお互いに隠し事はありませんから「大丈夫です」という事で私もそこに呼ばれました。

実はそんなに期待していませんでした。

この日は基本的に主人の話が中心でした。

二枠分の時間がありますから、約2時間だったのですが、初めに主人が入りましたので今回は主人の話が中心になりました。

主人は仕事運がなく、貰い事故など色々とあり、次の就職に不安を抱えていると切り出しました。

ですが、先生はその事の前に、先に生い立ちなどについて質問されました。

今まで心療内科に行った事があるか?等も聞かれ、その時の話などもしました。

一度では書ききれないので割愛しますが、心療内科の先生の診察と、今回のカウンセリングはそもそも根本が違うなどを踏まえてくださいという事で話が始まりました。

それは今までとは違い、とにかく頷く事が出来る話が沢山ありました。

この日1日で明確な答えは当然出ませんが、主人はよく躁鬱と間違えられるのですが、PTSDで一番大きな原因は貰い事故であるとの事でした。

勿論家庭環境も色々とある人ですから、細かなトラウマを引っ張ってる事は確かなのですが、大きな原因は事故であると言われました。

まだまだ色々な不安は残っていますが

それで、そこを乗り越えていかなければいけないのですが、自分でも分かっていたのですが、私の方が深いものがあり、その私を守るために主人はキャパを超えて頑張り過ぎるので、余計にそれが治りにくいとの事を言われました。

ですが、PTSDは絶対に治らないとも言い切れないとも。

確かに以前読んだことがありますが、PTG(心的外傷後成長)がみられる方も多くいますからとの事でした。

それで以前私がその記事を読んだ時に感じた事なのですが、私は普段は特に何事もなくごく普通でいられるのでPTSDは脱したと自分では思っているのですが、その記事を読んで凄く違和感を感じた事がありました。

その事は先生には話していません(と言いますか、そこまで話す時間もなかったのですけど)が、それに違和感を感じているという事は、まだまだ脱出出来てないのかな?とも思いました。

どうしてこの先生はそんなに分かるのか?と思って話をしていますと、被災地の方などの心理カウンセリングなどを沢山していて、そういう話を沢山聞いても先生が影響を受けないようにと訓練もされているとの事でした。

心療内科の受診ですと保険診療ですし、病院ですから費用も普通なのですが、カウンセリングとなりますと保険もききませんし、高額になります。

ですが、職安では3回まで(無料で)受けることが出来て、2ヶ月あけるとまた受けることが出来るようですので、私は3回受けた後の2ヶ月後にまた受けることが出来そうです。

当日私はマスクをしたままで目しか出していなかったのですが、今までとは違い、目だけである程度の事が分かるようでした。

就職の不安、まだ残っている借金の返済の不安、先の生活の不安は凄くあるのですが、やっと話せる人に出会えた気がして、少し安心する事が出来ました。
スポンサーリンク

 - 借金生活