少しでもお金が戻って来てほしいという思いで問い合わせしました。

   

28年度は私の声帯ポリープの事や主人の熱中症関係で医療費が13万を超えたので、医療控除の申請をしたいと思い税務署に相談しました。

現在失業中ですし、まだ借金も残っていますから、少しでも戻って来るといいな・・・と思いまして。

スポンサーリンク

少しでもお金が戻って来てほしいという思いで問い合わせしました。

通常ならば、別に相談する内容でもなく普通に源泉徴収票を持って行って、医療費の領収書をつけて税務署で教えてもらいながら申請するだけ(過去に1度経験してますし)なのですが、問題があって相談したのですが。

27年度、主人の会社は源泉徴収票をくれませんでした。

我が家は公営の団地に住んでいますから、収入申告をする必要があり、その申告には源泉徴収票か課税証明書のどちらかが必要なのですが、課税証明書は取るのにお金がかかりますから、いつも源泉徴収票で収入申告をしていたのですけど、27年度の分の源泉徴収票もらえなかったので昨年は課税証明で提出をしました。

勿論主人だけでなく主人の会社の他の従業員さんも源泉徴収票が欲しいと会社に申出ましたが、結局うやむやのままくれませんでした。

そんなわけですから、今現在の時点でも源泉徴収票は手元に届いておりません(ちなみに私のは届いてます)。

問い合わせしてみる事はそんなに悪い事だったのでしょうか。

主人も色々とあり会社を辞めていますから、実際の所の気持ちとしては会社と関わりたくない気持ちもあり、電話をするのは嫌なので他の方法はないのか?という事で税務署に問い合わせてみたのです。

源泉徴収票は他にも色々と必要がありますので、実際送ってもらわないと困るのですけど、税務署から会社に言ってもらえないのか?という期待もあり、そのつもりで聞いたのですが・・・

電話口に出てくださった方に言わせると、私たちが「聞いてみた」事は聞く事が変だと言われましたw

一昨年の分が貰えていれば普通に聞きやすいのですが、頼んだにもかかわらず源泉徴収票を頂けなかったわけですし、しかも退職もしていますから聞いてみたかったという感じで電話をしたのですが、非常に冷たい対応をされました。

色々調べてみますと、やはり退職した会社に源泉徴収票をお願いし辛いという方もいらっしゃるようで、そのような場合は税務署に相談してみたら普通に医療控除の手続きをしてくださる場合もあるとかで、そういう問い合わせをしてみる事は変な事ではないみたいなのですが・・・

少しでもお金が戻って来てほしいという思いで問い合わせしました。

義務を果たしてもらえない我が家の方が悪いような気分になりました

源泉徴収票を渡さないのは本来いけない事で、必ず原本を渡すように会社は義務があるようです。

ですが、今回の問い合わせでは先に会社に言うのが当たり前でしょ?みたいに言われてしまいました。

必要なのは分かっているけれど、他に方法はないのかな?というくらいの気持ちで聞いた事が税務署の人には大人げない問い合わせだったようです。

医療控除の申告も今すぐしないと出来なくなるという分けではありませんから、取りあえず嫌だけど会社に言ってみるしかないのかな・・という感じです。

少しでもお金が戻って来てほしいという思いで問い合わせしましたが、何とも後味の悪い問い合わせとなって残念です。

スポンサーリンク

 - 借金生活