借金苦で苦しんだ事、生い立ちの事色々話したかったのに・・・

      2017/03/06

金曜日に予約していた職安の心理カウンセリング(2回目)を受けてきました。

前回は主人の話がメインでしたが、その時に主人は再就職への不安や借金苦で苦しんでいた事などを話して、職場でのトラウマについてなども話しました。

それで今回は私の話をメインにという事で一応行ったのですが。

スポンサーリンク

借金苦で苦しんだ事、生い立ちの事色々話したかったのに・・・

初めは全く話せませんでした。

カウンセリングの終盤に打ち明けたのですが、実は「本当は話をしたくなかった」のです。

私のその言葉を聞いて主人は驚いていましたが、金曜日は非常に行くのが嫌でした。

主人は私の事を分かっているので、中々話し出せない事やかなり激しい生い立ちを知っていますので中々話し出せなかったのは内向的な性格のせいだと思っていたようです。

でも私の中ではそういう事ではなく、私の話をしたくなかった聞かせたくなかった放っておいてほしかったという気持ちがありました。

ですが、この心理カウンセリングも就職活動の1つとしてカウントされますので「行かなければいけない」という状況でなかったら行けてなかったと思います。

先生は今までの心療内科とは違って、私の中では信頼できる先生だと思いましたし、職安の無料相談が出来なくなったらお金を出してでも行きたいと思っていました(います。)。

それなのにそれなのに、私の気持ちは行きたくない話したくないしかなく、カウンセリングが始まっても話が全く出来ませんでした。

私の代わりに主人が話し始めました。

話せないでいる私を見て、いつもの人見知りが出たと思った主人が私の代わりに話をし始めました。

初めは再就職の不安や、今回辞めた会社で受けた扱いなどを話たり話してくれたりしたのですが、私の子供の頃は自分(主人)以上に酷い環境で育って・・・と話し始めた時に、私の中で主人の話す私の事は全然足りない不十分な事に思えて、2時間枠の40分を過ぎた頃にやっと口を開く事が出来るようになりました。

ですが口を開いたと同時に、まるでダムが決壊したかのように一気に流れ出しました。

話し始めた私は、自分でも分かるほどに空中を睨みつけて頭に浮かぶことを色々と話しました。

途中で先生がメモを取りながら、主人に私の様子を見ておくようにと言いました。

借金苦で苦しんだ事、生い立ちの事色々話したかったのに・・・

1ヶ月間考えていました。

前回、先生は私の話を少しだけ聞いて私の中に2人いると言いました。

だけど多重人格ではなく、だけど一歩間違えればそうなっていただろうとも言いました。

心療内科に行けば問診では鬱だけど、話すのは正常と言われたのもそういう事だったのかと納得出来ました。

が、では私は今いったいどんな状態なのか?と1ヶ月間考えていました。

普段から友人にも生い立ちについてはヘビー過ぎるので殆ど話さないのですが、自分はどうなのか知りたい気持ちの方が強く、とにかく時間内で話せる事は全部話したいと思って話しました。

私はずっと起伏の激しい性格なんだと思って生きてました。

話し始めて20分くらいした時に主人に止められました。

先生はあまり突っ込み過ぎない程度に私の過去の記憶を探りました。

あまりにも私が暴走していると思った主人は、とにかく落ち着かせようと止めたのですが、私の中ではこの話をやめるなら止めてもいいけど知りたい事だけはどうしても聞きたいからという思いで、先生に自分の状態を話しました。

私が感じているのは3人いて、本来の自分は5歳くらいで止まっていて、現在は冷静でシッカリして少し強気な自分と壁に向かって膝を抱えて座っている自分の世界だけで生きていたい自分が居ると話をしました。

基本的には2つの性格が交互に存在してバランスを保っているのですが、私はずっと起伏の激しい性格なんだと思って生きてました。

勿論誰しもがある程度、人に合わせるという意味で自分を変化させながら生きていますから、そういう意味では私が特別なことではないという理解もしています。

借金苦で苦しんだ事、生い立ちの事色々話したかったのに・・・

やっぱり父から受け継いだのは借金体質だけではなかったと分かりました。

父親から受け継いだのは借金体質だけではなく、性格もある種そうなんだと思っていました。

先生からも途中で小学生までの話だけで今日は止めておきましょうとストップがかかりました。

時間もだんだんと無くなってきたので、最後に私は今どういう状態なのか?という事を聞きたいと先生に言いました。

「発達性ストレス障害(発達性トラウマ障害)」

私自身でも、それが実際にあった事なのか?それとも例えば映画とかドラマとかで見たものが自分の記憶のように思ってしまっているのか?自信は全くありません。

ですが、一番小さいときの記憶は1歳半くらいの時の記憶が残っています。

私の障害は発達障害と間違えやすかったり、成長過程で症状が変化するらしく、色々な病名が出てくるそうです。

取りあえず、今の自分が本当の自分と向き合う為にもカウンセリングを受けて良かったと思います。

カウンセリング開始から話をし始めていられたらもっと話が出来たのにと後悔が残っていますが、次は初めから話が出来るように頑張ろうと思います。

スポンサーリンク

 - 借金地獄体験