多額の借金を抱えた時から転落人生は覚悟してました。

   

今日は昼前に家を出て帰ってきたのが23時過ぎでした(結局日付が変わってしまいましたが)。

どうして遅くなったかと言いますと、友人に食事に誘われて行ったのですが、借金の整理中でクレカは当然ありませんし、財布の中も650円しか入って無かったので本気でどうしようかと焦りましたw

月末に外食は本当にヤバいです。

スポンサーリンク

多額の借金を抱えた時から転落人生は覚悟してました。

財布の中身を考えたら、650円しか入ってませんでしたから外食は避けたかった(ので、一応御断りはした)のですが、遅くなってしまっったし行きましょうと言われて行かなくてはいけない状況になりました。

他人様の家に行く時に何があるかわからないのに、財布の中に数百円しか入ってないなんて基本的にはあり得ない事ですが、これが現実なんですよね。

多額の借金を抱えてしまった事で、転落人生を歩んでいますが、借金する場所が増える度に覚悟が積まれた気がします。

1度坂道を転がり始めると、本当に止まらないというか止めようがないというか。

ギリギリでの出金です

今まででしたらクレカでやり過ごせた事も、情けないかな今はそれもできない状況です。

借金地獄に居ても、人付き合いはしなくてはいけない事ですから、今日は友人の誘いも(押し切られるように)受ける事になりました。

時間は21時まで後15分という時間、もう既に郵便局にしかお金が入ってなくてコンビニでギリギリ引き出せるのかな?とヒヤヒヤしながら途中コンビニに寄りました。

そんな心配の必要なく出金は出来ました。

もう最後の1万円なのですが仕方ありません。

多額の借金を抱えた時から転落人生は覚悟してました。

お金の心配をしながらの食事

お金の心配をしながら食べる食事は何ともいえないというか、食べた気がしないというか。

友人夫婦と別の友人と私達夫婦の5人で食事したのですが、会話的には色々と話ができたので楽しかったです。

ですが、やっぱりお金が気になって、食べ物の味はあまり覚えて居ません(がお腹は満たされました)

食事を終えて会計をとなったのですが、この前からお手伝いしているからという事で、今日は友人がご馳走してくれました。

今日は非常に有り難かったです。

それでも疲れたからか、家に帰ってきて大ボケでしたw

私は何を思ったのか、玄関ドアの外に靴を脱いで家に入ったらしく(覚えてませんw)、荷物を運び込んで扉を閉めようと思った時に気がつきましたw

その行動は転落人生と関係ないですけど、多額の借金を抱えた影響(借金疲れ)か此れからの人生も覚悟しなきゃと思いました。
スポンサーリンク

 - 借金生活