借金情報、知られて当然の事と知られなくて当然の事

   

現在2回目の借金整理中の我が家。

昨年の一応在職中に整理を始めたのですが、私が勤めていた会社では役場関係の仕事が多いからという理由で任意整理や自己破産はしてもらっては困ると言われていました。

その会社の社長夫婦はそういう部分は無知だったので、借金整理をすると役場にバレて会社の信用を失うと信じていた為です。

スポンサーリンク

借金情報、知られて当然の事と知られなくて当然の事

実際私が入社した時は1度目の整理中でしたし、退職前に2度目の整理に入りましたので、社長夫婦の理屈で言えば私が整理してる事、しかも2回したことを知っていなければいけないのですけど、全く知られる事はありませんでした。

当然と言えば当然かもですが、個人情報保護という意味でも知られたら問題ありですよね。

もちろん、クレジットカードを作るとかローンを組むとか、そういう事に関してはお金に関する信用情報を調べ(られて当然ですし)られますから、その申し込んだ会社には私が借金整理した事は知られるわけですけど、これが日常生活で誰彼に知れ渡るのは問題であります。

ちなみに私は任意整理中ですけど、少額(1万円以下しか通したことないですけど)の後払いとかは審査が通ったりします。

公務員の破産事情を聞いたことがあります

どの人が自己破産したとかまでは当然分からないですし知る事も知る必要もありませんが、私が勤めていた会社に来ていた銀行員さんが(私の住む町の)公務員の破産が結構多いと言ってました。

それは破産しても(カード作成やローンを組む事以外では)他人に破産した事が知られないから(そのまま公務員として働いていけるので)、返済しきれなくなってドロップアウトする人も意外と多いらしいです。

公務員ですから、一般的なサラリーマン以上に借り入れできる額も多いですから、破産する額も大きいという事ですよね。

もちろん少額でも多額でも借金を踏み倒すのは同じ事なので、それを批判してるということでは無いです。

借金情報、知られて当然の事と知られなくて当然の事

本当かどうか自体が分からない事もあったりしますよね

昔、あるSNSで顔出しというのが私の周りで流行った事があるのですが、実際に(恐らく)本人であろうものと全く赤の他人の物を自分だと偽称してた人がいたと思いますし、中には性別を偽称してた人も居たり。

だから、どれが本当でどれが嘘かなんて実際分からないし、私も見抜く力は全くないです。

SNSを通してリアルの友達になった人も何人もいますけど、もし別人の写真を使っていたら、きっとオフ会なんてとんでも無い事なんだろうなぁと思います

だからプライベートな事(お金(財産的な事もありますし)の事も含めて)になれば尚更、本当に個人を特定出来るものはネットに出せませんし、それが心情的には普通と思いますし。

お金の問題はナイーブな問題だと私は思っているのですが。

ネット社会だけでなく現実社会においても、当然自分は破産しましただとか貯金はいくらありますだとか首から看板ぶら下げて出歩くみたいな事は誰もしないわけで。

家族に内緒の借金を抱えて頑張っている人も実際居ますし、色んなケースがありますから全てをオープンには普通に無理と私は思うのですが。

顔が見えない世界だからって、言いたい事を言えば良いっていうものでは無いとも思いますし、毒舌が間違ってるわけでもなければ正しいわけでもないし、言葉尻が優しいからといって本当に優しいとも違うし。

私は現実社会では、お金のことに関してははみ出して生きてしまったから、普通の事が出来なくて借金整理なんてしてしまったのですけど、それでも自分なりには精一杯借金返済をし続けて来たわけで、食べ物がなくて1日ゆで卵1個食べて生活した事もあれば、毎日友人達が買って持って来てくれるカップ麺が命綱だった事もあるし、お米があるのはまだ良くてなんて生活をしてた時期もあります。

ある意味そういう事も個人情報を隠して書けるブログだから(リアルの誰にも知られずに)書けるんだというのは実際あるんだと思います。

リアルでは言えない事をWeb上だから言える、だから借金情報も借金ブログだから書ける、私も御多分に洩れずそうだなと何となく今日は納得しました。
スポンサーリンク

 - 借金と職場, 借金返済