破産手続開始決定のお知らせが届きました

   

先日、借金の整理をお願いしている弁護士さんから封書が届きました。

主人の自己破産についての連絡です。

申し立ての書類は既に提出してありますので、いよいよという感じかなと封筒を開けてみました。

スポンサーリンク

破産手続開始決定のお知らせが届きました

弁護士さんから届いたのは主人の自己破産の手続き開始決定のお知らせでした。

2ヶ月の間は債権者へ、免責に対する意見申述期間が設けられているとの事で、債権者から反対意見が出た場合は反論等を行いますと書かれていました。

その時はこちらに連絡をくださるとの事ですが、これからしばらくの間はドキドキしながら過ごす事になりそうです。

もし反対意見とかガンガン出たら、本気で泣きそうな気がします。

審尋期日呼出状も一緒に届きました

破産手続開始決定のお知らせと共に、審尋期日呼出状も一緒に届きました。

自己破産の手続きは初めてなので、初めて見る書類に少し動揺してしまいました。

審尋期日呼出状には裁判所に行く日程が書いてあり、午後1時30分に来るようにと書かれています。

この日に出頭しない場合は免責許可の申し立てを却下する場合がありますとの事ですから、基本的に余程の事がない場合は出頭しなくてはいけません。

破産手続開始決定のお知らせ

裁判所への出頭

主人は裁判所への出頭は初めてではありません。

今から9年前にもらい事故をした時に裁判所へ(2回)行きましたので、今回で3回目の出頭になります。

本来は勿論お返ししないといけないお金をギブアップして許していただくわけですから、裁判所に出頭するくらいは当たり前の事だとは分かっているのですが。。。

だけどやっぱり裁判所へ出頭しなくてはいけないのって、ホントに後ろめたい気持ちになってしまいます。

と言いましても、私が出頭するのではなく主人が出頭するのですけどw

結構のんびりペースで手続きが進んでいましたが、破産手続開始決定のお知らせが届いて、要約主人の借金は終わりが見えてきた感じがします。
スポンサーリンク

 - 返済・完済の心構え ,