ワーカーズハイ的に過ごしていた借金地獄の日々

   

今日は疲れているのか(いつも疲れている気がするけど)、何となく虚しさを感じた1日でした。

借金返済に追われていた頃は、そんな事すら思う時間もなくでしたから、この糸を切ってしまったら終わる的なイメージでしたけど。

任意整理を決めて残った借金を返済している今は、MAXの返済に追われていた頃を何となく懐かしくも思えるようになってきました。

スポンサーリンク

ワーカーズハイ的に過ごしていた借金地獄の日々

MAX時には20万ほどの返済金額に毎月頭を痛めてましたけど、これを何とか返さなきゃいけないと必死になっていた時は、変な話今よりは充実感すらあったかも知れないなんて思います。

当然借金地獄に居たわけですから、そんな生活を普通の意味として充実してたという事ではありませんが、ある種ワーカーズハイ的な感じだった気がします。

借金地獄をひたすら必死に走り抜けようと頑張ってたと考えると、ワーカーズハイよりもランナーズハイの方があうのかも知れません。

とにかくその頃は返済のためのお金が足りないと、何か良い金策はないか?と仕事中も考えてました。

総量規制で既に自転車操業すら出来ない時は、ホントに何処かに逃げて自分じゃない人生を生きようかと思った事もありました。

ワーカーズハイ的に過ごしていた借金地獄の日々

借金まみれだった時は不幸も沢山呼び込んでました

不思議なもので、不幸は不幸を呼ぶみたいに借金まみれだった時は不幸まで呼び込んでいたような気がします。

何をやっても上手く行かないとか、とにかく世界中の不幸をひとりで背負ってるように錯覚するくらいに不幸が多かったです。

任意整理中の今、不幸がないか?と聞かれたら、やっぱりそれなりにはありますけど、借金まみれだった時よりは普通の不幸まで不幸度もマシになったような気がします。

そんな今であっても、ぼんやりと苦しかった日々を思い出す事もやっぱりあって、あの頃に比べると楽になったはずなのに虚しい気持ちになってしまいます。

こんな日は筆も進まない

ブログなんで筆というのも変な表現ですけど、こんな日は書く事が定まらないというか、自分でも何を書いてるのか?と理解しがたいくらいの思考能力になってしまいます。

だから書いては消し書いては消しと何度も繰り返し。

春先は憂鬱な気分になりやすい時期なので、今日は余計に虚しさを感じているのかも知れません。

こんな日は自宅を離れて、何処かに出かけて日常を忘れたい気持ちになりますが、昨日お金が入ったからという事で使ってしまうと、また月末に苦しい思いをするので我慢です。

ワーカーズハイ的に過ごしていた借金地獄の日々を忘れるべく、早めに眠りにつきたいと思います。
スポンサーリンク

 - 借金地獄体験, 借金返済 , ,