不幸ばかりは続かないというけれど

   

何だかまだ夢を見ているような気分です。

人を信じるとロクなことがない。

誰を信じればいいのか、もう分からなくなってきました。

スポンサーリンク

不幸ばかりは続かないというけれど

不幸ばかりは続かないというけれど、不幸しか続いてません。

幸せって人それぞれだと思うのですけど、私が望むのは小さな幸せ(と思います)。

確かに借金で長く苦しみましたから借金が今無くなるのは嬉しい事だけど、そういう事ではなく、信じられる人が居るという事。

それが私の望む幸せです。

誰かの為に頑張るけど、利用されてばかりの人生は悲しいのです。

最終的に賢い(ズルい)人が人生を謳歌することが出来るのかも知れませんが、私はズルくは生きれません。

不幸な経験が多いほど、他人の顔色ばかりを見る

自分が痛い経験をしたから、他人の痛みも分かると言います。

だから出来るだけ誰かが悲しまないようにと考えますけど、私が相手を思うほどに相手は私を思う事(同じだけを望んでいるのとはちょっと違います)はありません。

割り切る事がきっと大切なんだろうけど、やっぱりそんなに上手じゃない。

不幸ばかりは続かないというけれど

もう消えてしまいたいほどの辛さ

ホントに消えてしまいたいと思いました。

どうして利用されてしまうんだろう。

人を騙せる方が幸せになれるのだろうか?

でもそうだとしても誰かを騙して生きるなんて、器用な事は私には出来ません。

この気持ちに早くピリオドが打ちたいと思います。

スポンサーリンク

 - 借金生活 ,