所持金150円、こんな底辺しか歩けません

   

今日は失業保険の支給日でした。

就職活動をするために朝から職安に行ってたのですが、失業保険が振り込まれるまでの所持金は150円でした。

失業保険も実際は今日振り込まれると決まっていた分けではなく、ただ毎回月曜日に振り込まれるからという一種の賭けのようなものだったのですが、有難いことに今日はちゃんと振り込まれましたので何とか命が繋がったような感じです。

スポンサーリンク

もう借金出来ない、所持金150円の底辺を歩く

こんな底辺しか歩けない我が家ですが、任意整理をしましたから、どんなに苦しくても借金も出来ない、後ろには引き返せないというのが現実だったりします。

今日は職安に行って必要な就活をしてきたのですが、主人が失業保険終了まで残り1ヶ月ですので、本格的に就活をし始めました。

カウンセリングの先生には、まだ仕事には就かない方が良いとは言われていますけど、お金が入ってくるところが無くなりますからそういう分けにもいかず。。。

そんな苦しい中ですけど、役場から沢山の封筒(支払い用紙)が届きましたから、気分はブルーを通り越して更にディープです。

見たくない、出来るなら考えたくない、そんな気持ちではありましたけど、そのまま放置してしまうともっと最悪な状況になるので仕方なく役場にも行く事にしました。

健康保険料の話をするために国保年金課へ行きました

失業中ですし、現在借金返済も抱えていますから、お金に全く余裕はない我が家。

だけど保険証はないと病院に行けなくなるので(なくても実際は行けますけど10割の支払いになりますから)、現在滞納している36000円ほどと一緒に均等割りしてもらってきました。

こんな状況ですので、支払えない月も実際あるかも知れませんと言いつつ、毎月の支払は10500円という事になりました。

払えない時は、また相談しますということで国民健康保険は終わりました。

もう借金出来ない、所持金150円の底辺を歩く

市県民税についても相談に行きました

昨年、主人が失業した時に話を聞きに行って、その時に聞いていた金額よりも3万も多い金額で納付書が届いたので、プチパニックになりました。

だけど冷静に考えたら、私の分で今年の初めに話をしに行った時に、後日送ってきてくださった封書に説明不足だったのでということで「新年度分の納付書が届いたら減免の申請に来てください」と書かれてあった事を思い出し、主人の分も申請しなくてはいけない事に気が付きました。

確実に安くなるか?というと、やっぱり分かりませんと言われたのですが、取りあえず申請してきました。

金額が変更になるようでしたらお電話しますという事で、お願いしてきました。

放置してあった国民年金

失業中ですので、こちらも減免対象だからという事で国民年金も申請してきました。

健康保険と市県民税、恐らくこれだけで毎月2万以上の支払いはしないといけない。

だから年金まで実際手が回るとはとても思えないので、そういう事でも放置してあったのですが、全額免除される事もあるからという事で一応行ってきました。

こちらの方は結果は2~3ヶ月かかりますとの事でした。

それと今年度の減免申請は7月1日からという事で、来月また申請しなくてはいけないようです。

主人の仕事がどうなるのか・・・不景気ですからどんな雇用形態になるかも分かりません。

ですが、取りあえず働かないと生きていけませんから、取りあえず非正規でも働こうという事で主人も仕事を探すことに決めました。

もう借金をしながら生きて行くわけにはいかないので、たとえ底辺しか歩けなくても歯を食いしばって頑張りたいと思います。
スポンサーリンク

 - 借金地獄体験, 借金返済夫婦の会話 ,