借金まみれを経験した我が家には、よいのかも知れません

   

世間では今日からお盆休みのところが多いのでしょうか。

我が家も休みではありますが、失業給付が週明けになるため、今年は全くお金のないお盆休みに入りました。

借金を任意整理する前はクレカがあったので、1日くらいはクレカ払いで遊びに行きましたけど。。。

スポンサーリンク

借金まみれを経験した我が家には、よいのかも知れません

借金が出来た頃は、借金する事が当たり前で麻痺していましたから、借金できなくなった今、お金のないお盆休みは麻痺した我が家の金銭感覚にはよいのかも知れません。

出来るのが当たり前で生きてきた時間が長かったですから、借金できない事は不便に感じますけど、出来ないからこそお金を大切に考える期間が与えられたと考えれば、我が家のような家庭にはよい時間と思えなくもない。

お盆休みに何処かに行っても人が人が沢山居て、人で溢れかえってるから楽しめないしという気持ちは、半分本当にそう思うし半分負け惜しみというのが正直な気持ちになるかもですが。

けど、そんな考え方で生きてきてしまったから、良い意味でも悪い意味でも我が家の今があるんだろうなと思います。

今月誕生月の私

今月誕生月で、主人は結婚記念日よりも私の誕生日を重んじてくれています。

ですから、毎年この時期は何か買ってもらったり、無理でもせめて外食という風にしていますが、今年は全くお金がないのでケーキ1つ買うのも無理そうです。

誕生日をお祝いしてもらって嬉しいとお思える年齢は過ぎましたけど、何か楽しみがあるのと無いのとでは気持ち的に違うものだなと思いました。

お金=幸せ

ではないですけど、お金がないと出来ない事が多くなった世の中ですから、それなりにお金は必要で、お金がなくても感じられる幸せは昔より少なくなったかもと思います。

究極的にいうと、住む家がある、屋根の下で暮らせる、何か口にできる、寝る場所がある、着るものがとりあえずある、これだけあれば幸せと思えになるのかも知れませんが、心の豊かさだけを感じていれば幸せだという世の中は過ぎ去ったように感じます。

借金まみれを経験した我が家には、よいのかも知れません

借金してでも買いたい物

今の世の中に(車や家のローンは別として)借金してまでも買いたい物、借金してでも買う価値のある物はどれだけあるのでしょうか。

お金で買える物は死ねば持っていけないものばかりなんですよね(勿論お金そのものもですが)。

どんなに高い宝石を買ったとしても、持ってはいけない。

何十万もする時計であってもバックやスーツであっても、それをどれだけ沢山持っていても。

だけど、分かっていてもそれを何処かで追い求めてしまう、そして借金地獄に落ちてしまったりする。

我が家は高価な物は買わなかったですけど、結局同じ事をしてきてしまったから今があるんだと思います。

ですから、借金まみれを経験した我が家には、全くお金がないお盆休みも、お金の使い方を覚える意味でよい機会なのかも知れないと思いました。
スポンサーリンク

 - 借金生活, 借金返済