ここにきて、まさかのプチパニック

   

先週木曜日が認定日だった我が家ですが、主人の個別延長が決まりました。

これで今月と来月は借金返済が出来ると、取りあえず安心しました。

ですが、個別延長が終わったらもう何も術はないので、この頂いた期間中に何としても仕事を見つけてもらわないとです。

スポンサーリンク

借金返済していく為のスキルが欲しいのに、まさかのプチパニック

私の方はと言いますと、坐骨神経痛の持病がありますので、基本的には事務職以外の仕事は考えていません。

ですから、失業した時に職業訓練は勿論考えていました。

13年前に仕事を探した時に、時給750円程度の事務職に就く事が全く出来ず大変苦労をしましたので、このチャンスに必ずスキルUPしなくてはと考えていました。

これからしっかり稼いで借金返済もしていく必要がありますし、ですので今回のコースには何としても受かりたい気持ちがあります。

申し込んだ時にジョブカードの作成は習ったのですが、その時も特に選考試験については何も教えてもらっていませんでした。

勿論聞きました、選考試験にはどう挑めばよいのか?どんなことを勉強しておけばよいのか?と。

すると、ジョブカードの作成だけしておいてください的な。

先週の認定日の時に、色々と申請をするために窓口に行って聞かされました、今回は2倍くらいの人数が申し込んでいるからちょっと頑張ってもらわないとねと。

それでまた聞きました、何をすればよいのか?

返って来た言葉は「書く試験だからね」とw

なにを???です。

それでこの人に聞いても無駄だと思って、家に帰って調べてみると、都心の過去問しかなかったのですが見てみると高校入試か?と思うような関数や図形の問題があって、これは2~3日で勉強して受かるような内容じゃないと、ここにきてプチパニックになりました。

借金返済していく為のスキルが欲しいのに、まさかのプチパニック

借金返済と人生がかかっています

それで今朝県の職員さんに選考試験について問い合わせしたところ、そこまで難しい問題は出ませんとの事でした。

基本的に国語と算数、それとIQテストのような問題があるようですが、数学ではなく算数程度のようで少し安心しました。

それで、県の職員さんに事情を説明して、どうしてこんな質問をする事になったかを話しましたら、それはあまりに職安の職員が不親切すぎると仰って、指導するようにしますと言ってました。

が、私的にはまだまだお世話にならないといけませんから、名前は伏せてくださいとお願いしました。

それでも一応選考試験ですし、倍率も2倍ちかくですから、それなりに勉強はしておかないとと思って、その都心の難しい過去問を少しやってました。

連立方程式やらはまだ忘れてはいませんでしたが、元々関数は授業に出ていないので苦手で、それが出るとさっぱり分からないという何とも情けない状態。

それでも、これからの借金返済と人生がかかってますから、取りあえずは真面目に勉強しています。

残金756円の借金家庭

今回の認定日の次の日が祝日だったために、通常なら月曜日に振り込まれる失業保険も、今回は振り込まれませんでした。

私の財布の中は756円ですw

恐らく明日には振り込まれると思うのですが、万が一入らなかった場合は無一文に近い状態で選考試験にいかなくてはいけません。

お金が必要なわけではありませんが、だけどお財布の中に何も入っていないまま試験に臨むのは私くらいではないか?とちょっと心細いのも事実です。

お金を稼ぐためにも、これからの時代は主人に頼りっきりは難しい時代ですので、私も今まで以上に賢くならなくてはいけないと思います。

これからの借金返済もかかっていますし、明後日の試験が受かるように明日は1日勉強して、本番でプチパニックを起こさないように頑張りたいと思います。
スポンサーリンク

 - 借金生活, 借金返済