何とも恥ずかしい、情けない結果に終わってしまいました。

   

現在、無職状態の私。

働く意思がない(出来れば気分的には働きたくないですが)わけではなく、仕事がないという状態に陥っています。

先月で仕事を退職し、GW明けから新しい仕事に就いた主人が自家用車を通勤に使用しているため、私の行動できる範囲が狭くなってしまった事が、私の無職の原因の1つにもなっています。。。

ところが、先週末に奇跡のようなお仕事の話の情報を頂きましたが。。。

スポンサーリンク

借金の匂い漂う、情けない結果に終わってしまいました。

という事で、結局仕事の話は無くなってしまったのですが、原因が何とも恥ずかしく情けない。

今回いただいた情報は、国保の関係の事務の仕事でした。

役場直接の仕事ではなく、委託会社での仕事だったのですが、国保の滞納歴がある人はダメとの事で。。。

当たり前といえば当たり前なのですが、最初に連絡いただいた時は国保関連の仕事という事を知らされてなく、役場関係の事務と聞いたので、こちらの都合をお伝えしました。

自転車で通える範囲で、時給もソコソコあって、しかも時間も長すぎず短すぎずで本当に理想的な仕事でした。

こちらの日程の都合を聞いていただくという事で、週明けの返事を待っていました。

ここで恥をさらす結果になるとは思ってもみなかった

というのが正直な意見です。

借金生活を長くしていました(借金返済は今も続いてますので現在進行形です)から、主人が無職になった期間は当然任意継続か国保だったわけで。

勿論国保の期間がありましたし、借金返済に追われて滞納したことは当然ながらあります。

かく言う現在も滞納状態です。

国保関係の仕事だと知ってたら・・・・恥はかかなくて済んだかも知れません。

今回の話を持ってきてくださった派遣会社では、基本的に行くと決まった時点でないと詳しい事は教えてもらえない会社で。

でも今まで短期でしかも週払いで、期間限定しても仕事をくださるのは、今回の会社のみ。

ですから私にとっては、非常に有難い会社なのです。

返答に悩みました。

条件的に働きに行けないと分かった時点で、何と返事をすればいいか・・・と悩みました。

けどまぁ、嘘をついて働けるわけでもなく、結局は行けない事を伝えなくてはダメでしたから、仕方なく過去に滞納歴があると返答しました。

社会的な名誉って、こういう時に響くんだなと改めて思い知った気がします。

滞納歴があるという事を伝えることに悩んだ理由は、滞納していたこと以上に、それまでの信用がなくなることが怖いなぁと思ったのが実際の気持ちです。

信用がなくなれば、行ける仕事も行けなくなる。

また借金生活に逆戻りするかもしれない。

今回も借金の匂いを漂わせながら、何とも恥ずかしい、情けない結果に終わってしまいましたが、今後も対面するであろう事だとしっかり肝に銘じておく必要を感じました。
スポンサーリンク

 - 借金生活, 借金返済 ,