地震大国日本の借金返済と保険の対応

      2016/04/26

この度、被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
2011年3月11日の東日本大震災の復興も終わらぬ間に、熊本で震度7という大地震が起きてしまいました。

被災された沢山の方々が非常に不安な日々を過ごしている時に、ホントに心無い輩が出るという悲しい現実。
「火事場泥棒」等は人として最低な行為です。

女性の方も被害が増えていると聞きましたが、ホントにそういうの、やめてほしいです。

スポンサーリンク

地震大国日本の借金返済と保険の対応。

借金返済への対応は、クレジットやローンは被災された方には、ローン会社もそれなりに対応(支払い可能になるまでは支払いストップを認め、その間の利子や延滞金は付かないとか、様々な対応があるかと思います。)して下さいます。

全財産を失ってしまった方にも、保険で保障されるケースもあれば、国の被災支援貸付制度もあります。

この保険料が借金返済でいっぱいいっぱいの家計としては非常に辛い出費となりますが。

借金返済biz子

借金返済biz子

年払いキツイ、キツイ。

阪神淡路大震災で、地震保険の大切さを痛感させられました。

辛い出費ですが、火災保険や地震保険に加入してない場合、何かあった時に貯蓄のない家庭は部屋も家財も失い、無一文で放り出される分けです。
が、しかし、東日本大震災では規模が大きすぎ、末端の方々は泣き寝入り状態という現実もありました。

大規模な震災となりますと、半壊と全壊でも全く異なりますし、栃木県に住む友人宅は、家の内壁にヒビが入ってしまったとの事でしたが、屋外から被害が見えないという理由で保険が出なかったと聞きました。

私が加入してる保険屋さんに尋ねてみた所、やはり大地震となると満額の保険が全ての人に出るのは難しく(保険会社が破産します)、東日本大震災までいくと規模が大きすぎて全壊でも満額の半分も出るとか出ないとか。
それに地震保険でも中身が重要で、掛けている中身で出る・出ないとありますし。

これだけ大規模な地震が各地でおきますと、当然地震保険も高くなります。
将来的に大地震が起きるとされてる地域では尚更ですよね。

お金がない人こそ保険です。

お金のある人は、保険金を必要としないで貯蓄で被害を回復させるので火災保険を頼らないと聞きました。
私の会社に集荷にくる、大手○○宅急便も車の多さから自動車保険フルセットに入っていなくて、何かあれば会社が処理すると言っていました。

お金のあるところは、それでいいのかもしれませんが・・・

借金返済のために保険料を渋る人こそ入っておくのが保険です。

マイホームをお持ちの方は火災保険&地震保険はセットで加入が義務付けられていると聞きましたが、私のように公営団地に住む方は火災保険も地震保険も加入されてない方が多いと聞きました。

それを考えると、住宅住まいの方でも地震保険は非常に重要になります。
住まいが持家でないのに、何に保険は掛けるの?
勿論、家財に掛けるのです。

高い家財の有無は関係なく、家財道具に掛けておけば万が一の時に保険が出ます。
2度目の借金地獄にまみれている私が掛けてるのは500万だったかが出る保険です。

保険が出るまで厳しいですが、保険が出ればある程度身動きが取れます。
被災された皆様が、1日も早く日常を取り戻す事が出来ますように。

スポンサーリンク

 - 借金返済 ,