1度目の借金地獄の戦利品の通帳

   

GWも空元気で出勤です。
昨日は午前中銀行に行ってきました。

先日、主人名義の口座についてのハガキが届いたので、そういえば私の口座も使わないまま放置してるから、通帳が古すぎる(銀行の名前も既に原型を留めてません)ので、その連絡で一度窓口に行かなければと思い行ってきました。

古い通帳は、以前に債務整理する前までの借金返済に明け暮れていた頃のいわば戦利品です。

スポンサーリンク

1度目の借金地獄の戦利品の通帳。

記帳してみると主人の口座は最後の取引後「457円」が残ったままでした。
私の通帳は開設時に入れた「10円」が記帳されてるだけでした。
2つ足しても467円。

もしかしての淡い期待も空しく・・・

借金地獄の通帳

借金返済biz子

借金返済に回せる金額では無かったです(貧)

窓口に行くと休眠になっていると思った私の他の口座もまだ生きてました(笑)

主人の通帳と私の通帳に忘れていた内容が記帳されてました。

そうです、1度目の借金地獄を脱出するべく、債務整理をお願いした弁護士さんへ費用を振り込んだ記録がありました。

そうだった・・・平成18年に5000円を2回だけ、弁護士事務所に振り込んでいたんだっけ。
実は弁護士費用を振り込んだのはこの2回だけ。
全部で10000円しか支払いませんでした。

それだけ過払い金が多かったという事でした。

そうですよね。整理に入る前の数年間は借金返済に月額36万も返済してましたから。

しかも取引が一番長かった消費者会社で9年付き合いがありましたから。

1度目の借金地獄の思い出。

通帳を見ながら、当時の借金生活が思い出されました。
というより色々なことが脳裏に焼きついています。

死ぬほど働いて借金返済に明け暮れてた頃を思い出すと、今も辛くなります。
ホントにお金が無くて、ゆで卵を1個食べるのが精一杯だった時もありました。

夫婦2人暮らしのアパートだったので、時折友人達が来てましたが、私達がお金が無い事を知ってるので、何時も自分達と私達の分のカップ麺を持参で来てくれたんですよね。
頼る身寄りも無くなってしまっていた私達夫婦には、彼等の気持ちが凄く嬉しかったです。

そんな事を思い出して、1度目の借金地獄の戦利品の通帳をバックにしまいました。
2度目の今、借金返済頑張らないと。

スポンサーリンク

 - 借金返済 ,